ルックルックはイヌリンを使用

難消化性デキストリンとイヌリンの違いはなに?

 

糖の吸収を抑える物質には、「難消化性デキストリン」があります。
ルックルックイヌリンプラスに含まれている「イヌリン」との違いはなんでしょう?

 

危険性や含まれている食物など、比較してみましょう。

 

難消化性デキストリンは、缶ジュースや健康食品にも多く含まれている物質で、身体に吸収されにくい糖です。
カロリーが気になる方、健康を意識している方に多く利用されています。

 

熟した果物に含まれている物質で、商品に使用されている物に関しては、工業用トウモロコシの場合が一般的です。
吸収されず腸に達すると、発酵によりガスが発生します。それにより満腹感が得られ、結果としてダイエット効果も得られます。

 

イヌリンは、菊芋やゴボウ・玉ねぎ・ニンニク・ニラに多く含まれている成分です。
加工食品にあまり使われることはなく、食材を食べることで摂取します。

 

糖を吸収しにくい働きがある点では共通しますが、ガスが発生する点では、イヌリンと異なります。

 

また、難消化性デキストリンは、工業用トウモロコシが原料になっている点で、がんの原因になるのではないかと心配される声もあり、イヌリンの方が安全に摂取できる物質だと注目されています。

 

ルックルックイヌリンプラス公式サイトはコチラから

↓  ↓  ↓

ルックルックイヌリンプラス

 

NEXT>>>NEXT>>>ルックルックイヌリンプラスの効果が出る飲み方